ひねもんの釣り日誌

チラ裏です。内容なんかありません。

 
1
3
4
5
6
7
8
11
12
13
14
16
18
20
22
26
27
28
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bass Pro Shops Crankin' Stick 6'6" Medium

 今、私がメインで使っている巻物用のロッドです。
20111101cs1.jpg
 某プロショップのブログでその存在を知り、思い切って(それは勇気が要りましたともw)BPSで購入しました。値段は$69.99でした。私が買ったときのレートで6,000円もしないようなロッドです。ちなみにmade in chinaと書いてあるシールがグリップエンドに貼ってありました。

 このロッドは、ファイバーグラスとIM6カーボン、それと火山岩の粉?のコンポジットロッドで非常に頑丈な造りをしています。
 テーパーはFastと表記されていますが、下から3番目のガイドくらいまで入ります。ティップは非常に軟らかく、ベリーから徐々に硬くなっていき、バット(下から2番目のガイドより下)にいたってはほとんど曲がりません。ガイドはハードガイドですが、フレームがかなりのハイフットで、ラインがよく絡まります。これが唯一の弱点といえばそうなのかなという気がします。
20111101cs2.jpg
 リールシートはBPSのオリジナルのSoft Touch graphite seatで、グリップは同社の独特のPower Hump Gripです。グリップエンドはお腹にあてても痛くないようにEVAが使用されていて、中にはバランサーが仕込まれています。このバランサーのおかげで軽いとはいいきれませんが、自重のわりにはそれほど重さは感じません。私はKistler社の軽量なロッドも使用するのですが、持ち替えても特には使いにくさは感じないレベルです。ただ、全体的に見て外見は、一昔前の安物ロッドそのもので、かなりかっこ悪いです。おそらく釣り場に落ちていても誰も拾わないでしょう。

 外見とは裏腹に使用感はとてもよく、軟らかくて頑丈なティップは、様々な重量のルアーをキャストすることができ、ゴロタの上等をクランクベイトで攻めるときは、致命的な根掛りを防止してくれます。また、バイトは弾きにくく(逆に言えばフッキングは思い切ってする必要があるのですが)、魚を掛けてからは、ティップからベリーにかけてよく曲がり、魚の動きに追従してくれます。そして硬いバットは50cmを超えるバスも余裕で取り込めます。
20111101cs3.jpg
 現在は、このロッドに20lb相当のラインを巻いた4.7:1の超ローギアのリールをセットして、クランクベイト、スピナーベイト、バズベイト等に使用していますが、ザラスプーク等のペンシルベイトにアクションをつけるのにもよさそうです。今年釣ったバスの6割から7割くらいが、このコンボで釣ったものです。
 先日、バズベイトで久々に50upのバスを釣ることができましたが、当日は雨が降ったり止んだりで、泥のついた石積みが濡れていてショアラインまで降りてバスを取り込むのが危険でしたので、タックルを信じて2mほど抜きあげましたが、このロッドは難なくこなしてくれました。安物臭がプンプン臭う、ものすごくかっこ悪い外見のロッドだけれども、本当にいい仕事をしてくれますよ。

 なお、このロッドは、B.A.S.Sに参戦しているベテラントーナメンター、ステイシー・キングが実際に試合で使用しているそうです。

スポンサーサイト

10月30日の釣行

 朝6時に起きるはずが、またしても朝寝坊してしまい、8時前からの釣行です。

 昨日同様、雨が降ったり止んだりのはっきりしない天気でしたので、やっぱり、最近好調のバズベイトからキャストしました。

 昨日同様にバンクから沖へキャストしながら河川を下っていきましたが、バイトは3回もありましたが、乗りません。護岸の石積みから水際へ降りていく階段が所々にあるのですが、そこでスピナーベイトへルアーを交換し、護岸添いへキャストすると、1投目で1尾釣れました。ただし、20cmちょいの子バスでした。
DVC00002.jpg
とりあえず、坊主だけは回避しましたw

 午前10時30分頃、雨が強くなりましたので、一旦帰宅しました。

 昼食後、雨が止んでいたので、昨日から積みっぱなしの船を自宅へ運ぶついでに浜戸川へ行ってきました。ここでは、ライトリグで護岸添いを、またバイブレーションやスピナーベイトで広く探っていきましたが、全く反応がありませんでしたので、早々に見切りを付けて再度八間川へ移動しました。

 午前中と同じくバズベイトをキャストしながら、1kmくらい歩きましたがかなり沖目で1バイトあったのみで、その後はバイトが遠のいていました。そうなってくると、そろそろ帰ろうかなと考え始めていましたが、そんなときにバズベイトの下からバスが食いあげて水面まで飛び出しました。しかもかなりデカい!スラックを巻き取って目いっぱい合わせると、うまく乗ってくれました。
20111030bass3.jpg
 釣れたのは52cmのナイスバスでした。今年2月以来の50upです。今日は本当に良い日

Rod:Bass Pro Shops Crankin' Stick 6'6" Medium
Reel:Bass Pro Shops Pro Qualifier Left Hand 4.7:1
Lure:Stanley Vibra-Shaft 1/4oz , War Eagle Buzzbait 3/8oz

超ハイギアのリール その2

 釣具店に注文していたリールが届いたとのことなので買いに行ってきました。

 今回購入したのが、Abu Gercia製のREVO LTX-Lです。
20111029ltx1.jpg

20111029ltx2.jpg

 この前買ったMGXとよく似ていますが、こちらはMAGブレーキでシャロースプールです。スペックはMGSとにたようなもので、ギア比7.9:1、重量154gです。

 このリールはベイトフィネス用ということで、人気があるみたいで、メーカーの生産が需要に追いつかずに、品切れ状態でした。

10月29日の釣行

 朝6時から最寄の河川へ行ってきました。

 先週、先々週と同じような天候だったので、やっぱりバズベイトからスタートしました。
 バンクから沖へ向かってキャストしながら移動すること30分。大きな岩の陰からバイトがありました。
DSCN0040.jpg
 これで3週連続でバズベイトに出ました。48cmの体高の高いいいバスです。
 今日は朝の早い時間に釣れたので、もう1尾くらいは出るのではと思っていましたが、友人からリザーバーに行きたいと電話がありましたので、あまり気は進みませんでしたが付き合うことにしました。

 午前10時過ぎにリザーバーへ到着し、ボート下ろして昼過ぎまジャークベイトのみを投げ続けましたが、思ったとおり釣れませんでした。帰還の途中、バスを釣り上げていた人がいたので、どのようにして釣ったのか聞いてみたら、水深10mのワカサギボールへのシューティングだったそうです。私はまだ魚探を持っていないので、現状ではそういう釣りはできません。うらやましい限りです。

Rod:Bass Pro Shops Crankin' Stick 6'6" Medium
Reel:Bass Pro Shops Pro Qualifier Left Hand 4.7:1
Lure:War Eagle Buzzbait 3/8oz

10月25日の釣行

 今日は仕事帰りに、ちょっとだけ行ってきました。

 釣り場に着いたのが5時40分、6時には暗くなりますので、あまり使ってないタックルの使用感をチェックするのが目的でした。なので持っていったタックルは1セットのみで、ルアーもWater Hummer Butterflyというスピナーベイト1個だけです。

 時間もないもので何も考えずに辺りかまわずキャストして、Water Hummerを引いていましたら、なんと護岸沿いで食ってきたヤツがいました。
20111025bass.jpg
 こんな短時間に釣れてしまう時は釣れてしまうんですねw長さは42㎝でした。うれしい誤算です。

 ちょっとメモ代わりに今日使ったタックルの使用感を書いておきます。
◆Kistler Cerbonsteel 6'10" MediumHeavy
・いわゆるトルクが強いです。40cmやそこらのバスでは瞬殺でした。
・ブランクスがよく撓るので、キャストがし易いです。
・5oz程度の重量があるのですが、非常に軽く感じます。
◆P-line CX Premium
・ブッシュに打ち込みましたが、強引に引き抜いてもラインに傷がほとんど付きませんでした。根ズレにはかなり強そうです。
・ラインがしなやかなために飛距離も伸びるように思われます。
・リールに巻いてから3週間ほど使用しましたが、新品のときとそれほど使用感は変わらないような気がします。

Rod:Kistler Cerbonsteel 6'10" MediumHeavy
Reel:Shimano Chronarch 201E6
Lure:Lucky Craft Water Hummer Butterfly 3/8oz

ライン物色中

 20lbナイロンラインが切れてしまいました。
 これまでは、東レのポリアミドプラスを使ってきたのですが、今回は海外通販で何種類か買ってみようかと思っています。海外のラインは、日本のものと比べて同じlb表示でも規格が異なるために、かなり太いものが多いので、日本の20lb相当の径のラインを選ぶ必要があります。日本の20lbの径は0.370mmなのでその前後の径のラインを選択すればよいと思います。

 海外製のラインのアドバンテージは何といっても価格の安さです。ただし、安かろう悪かろうではありません。現在も2種類のラインを輸入して使っていますが、使用感はとても良いです。
20111024line.jpg
 左側がP-LineというメーカーのCX Premiumで右がMaximaのUltragreenです。両方ともすごく気に入って使ってます。なくなったら買い足す予定。

 今回は、巻物用とジャークベイト用、それにカバー用に日本の20lbクラスのラインをいくつか購入し、試してみたいと思っています。BPSやTackle Warehouseでいろいろと物色していますが、下記のものがよさそうです。
・Berkley Trilene XL Armor Coated
・Berkley Trilene XT
・P-Line CXX
・P-Line FloroClear
・Seaguar Senshi Monofiliment Line
 このあたりから、いくつか買ってみようかと思ってます。それで、実際使って気に入れば3,000ydsとか買ってしまうかも。それでも5,000円もしませんから。

10月23日の釣行

 朝8時から最寄の河川への釣行です。天候は曇りで、今朝方に雨が降ったらしく路面はまだ濡れていました。

 午前中の早い時間帯、雨上がり、曇り空、濁りと先週バズベイトで初フィッシュを釣った時と同じような感じでしたので、バズベイトを引いてみました。すると信じられないことにまた釣れてしまいました。
20111023bass.jpg
 今日のバスも46㎝のなかなかのバスでした。過去11年間バズベイトで釣ったことはなかったのですが、2週連続で釣れてしまうとは。

 さて、秋の釣りが苦手な私は、その後もジャークベイト等をずいぶんと投げてみたのですが、結局この1本のみでした。たまには爆釣っていうのを味わってみたいものです。


 叔父に依頼していたラダーの改造が終了しましたので、来週からはまたボートで釣りにいけます。
20111023ladder.jpg

20111023ladder2.jpg
 手造りのラダーですごくゴツいです。ラダーをボートに固定するハンドルは水道管のバルブ閉めるヤツだしw

Rod:Bass Pro Shops Crankin' Stick 6'6" Medium
Reel:Bass Pro Shops Pro Qualifier Left Hand 4.7:1
Lure:War Eagle Buzzbait 3/8oz

10月22日の釣行

 今日は朝から雨が降ったり止んだりで、はっきりしない天気でした。
 行政がようやく河川敷の草を刈ってくれたので、浜戸川へ久しぶりに行ってみました。前日から雨が降っていましたが、水はいつもよりクリアでした。

 午前中は、10時から正午まで延々とシェイキーヘッドをやってみましたが、ノーバイトでした。
 お昼食べに実家へ行ったらそのまま2時半まで寝てしまい、午後は3時くらいからとなってしまいました。
 昨日買ったRevo MGXを試してみたかったので、とりあえずZ-boneに付けてネコリグをやってみました。護岸沿いにキャストして、ティップを下に向け、横のロッドワークでボトムを探っていると、コンコンと当たりがありましたので、ラインスラックを巻き取って思いっきり合わせを入れました。
20111022bass.jpg
 釣れたのは、40cmジャストのバスでした。

 その後、バスのスクールらしきものを確認したので、巻物で広範囲を探ってみましたが、バイトすらなく午後4時30分頃には雨が強くなってきたので終了しました。

Rod:kistler Z-bone LE 6'6" MediumLight
Reel:Abu Gercia Revo MGX SHS-L
Lure:Zoom Centipede 4"

超ハイギアのリール

 今日は給料日でした。だからというわけではないのですが、仕事帰りに中古釣具店に行ってみました。
 そしたら、こんなものが売ってありました。
20111021mgx1.jpg

20111021mgx2.jpg
 Abu Gercia製のRevo MGX SHS-Lというリールです。
 このリールは、ギア比7.9:1で最大ライン巻取が79cmという超ハイギアで、なんと154gという軽さです。こんなもの私に使いこなせるのか不安ではありますが、明日にでもちょっと使ってみようと思ってます。しかし、常々ハイギアのリールなんかイラネといい続けてきたのに・・・。

 とりあえず手持ちのKistler社のZ-bone LEに付けてみました。
20111021mgx3.jpg

20111021mgx4.jpg
 笑ってしまうくらい軽いです。ありえない。

ラトリングログ

 それほど数を釣っているわけではないのですが、私の大好きジャークベイトです。シェイプに凝った国産のジャークベイトと見比べると、おもちゃの様な印象を受けます。
20111017rogu.jpg
 ログシリーズは数種類あるのですが、私が気に入って使っているのは薄いシャローリップを備えたものです。
 そのシャローリップを備えたものも数種類あるのですが、私は3種類持っています。ひとつは、最もノーマルなタイプでARBという、硬いリップを備えたラトル入りのもの、2つ目はABという硬いリップのノンラトルタイプ、3つ目はRBという軟らかいリップのラトル入りのモデルです。それぞれ最大潜行深度も異なっていて、20lbラインを使用した場合、ABとRBは40cm程度、ARBは70㎝くらいまで潜るそうです。

 私は、このルアーを使用する際に、以前は12lbのナイロンラインと6'8"のロッドで使っていましたが、全然動きも良いとは思わなかったし釣果も伴いませんでした。それが、ヒロ内藤さんのビデオを拝見し、6fのショートロッドに20lbラインを使ってみたところ、見違えるような動きになり、またポツポツとではありますが釣れるようになりました。6fのロッドは操作性がよく、振り幅が小さいので、小刻みにジャークを入れやすいということで、20lbというわざわざ太いラインを使用するのは、12lb程度の細いラインでは、ラインが伸びてしまいロッドワークがうまく伝わらずにルアーの動きが悪くなるのだそうです。私は正直バス釣りに関してはメディアは一切信用していない(私は雑誌やテレビ番組は一切見ないことにしています)のですが、これには目から鱗でした。

 ただ巻きでは、ノタノタとロールしながら頼りなく泳いでくるログなのですが、ジャークを入れるとキレのいいロールを伴いながら直線的に引いてくることができます。特にクローム系のカラーはロールしたときに光を周囲に撒き散らし小魚がヒラをうったような印象を受けます。また、このルアーは、例えばラッキークラフトのフラッシュミノーやラパラのX-RAPのようなダートというか横っ飛びはあまりしません。
 某ショップのブログによりますと、このルアーを最高潜行深度までもっていくには、何かコツといいますか、そういうものがあるらしく長い鍛錬が必要ということなので、駆け出しの私などの操るログはおそらく最大潜行深度まではとても到達していないと思われますので、これからも鍛錬も兼ねてガンガン引き倒していきたいと思います。と厨房風に決意を述べてみます。

 さて、手持ちのラトリンログに、ポリカーボネイトの厚いリップを備えたサスペンドモデル(ASDRB)とフローティングモデル(ADRB)をいくつか持っています。こちらの方は頭から突っ込むような動きをするのですが、その動きがシャローモデルに比べてすごくダルく感じます。これらのモデルは、ある程度潜るルアーなので動きのキレはいらないという、アメリカ人の合理主義の賜物なのでしょうか。

アメリカ製のスピナーベイトなどなど

 最近、ゴロタの上をスピナーベイトで攻めることが多く、ロストしまくりなのでTackle Warehouseにオーダーしていましたが、今日届きました。

20111017sp1.jpg

20111017sp2.jpg

今回買ったのは、
スピナーベイト
・Strike King Tour Grade Spinnerbaits 3/8oz × 2
  カラーブレードのスピナーベイトです。ごついトレーラーフックが最初からついているのです
 が、取り外して使用するつもりです。ただ、そうするとアッパーアームがフックの先端より後ろ
 に行ってしますのが気になります。
・Strike King The Burner Spinnerbaits 1/4oz,7/16oz
  早巻き用スピナーベイトのダウンサイジング版です。7/16ozの方はかなり飛距離が稼げそうで
 す。
・War Eagle Screamin' Eagle Spinnerbaits × 4
  コンパクトサイズですが、ウエイトが1/2ozあります。遠投用に購入しました。
バイブレーション
・Bill Lewis Floating Rat-L-Trap × 2
  遠投して浅いレンジを引くために購入しました。
ワーム
・Zoom Trick Worm × 2
  Shakey Headなるものをやってみようかと思いましてw

金額は、5,853円でした。Tackle Warehouseは送料が安いので助かります。

10月15日の釣行

 先週は、2日ボート釣行しましたが、ラダーを作り直さないと操船が難しい(不慣れなもので)ので、しばらくはバンクからということになりそうです。

 例によって、今日も朝寝坊をしてしまい、9時半から2時間ほど釣りに行きました。

 昨日から、久し振りに雨が降り、今朝も曇り空でした。
 気温は、21度、水は茶色っぽく濁っています。まだまだバズベイトにも出るかも知れないと思い、バンク沿いや石積みのエッジを通していきました。

 つり始めて30分経過したころ、そろそろルアーチェンジも考え始めたときに、バンクから3mほどのところで、水面が割れました。バイトの瞬間は余所見をしていたため、見ていませんでしたが、バスの姿が確認できましたので、慎重にランディングしました。なにせ先週のこともありますので。

 そして、
20111015bass.jpg
こんなのが釣れてしまいました。長さ測ったら、49cm・・・でした。惜しい。
 実のことをいうと、バズベイトでバス釣るのは初めてなんです。今年こそは何とか1本と思って、春先からずいぶんと投げてきたのですが、ようやく1本釣ることができました。

 たまたま通りかかった地元のじいちゃんから、しきりに感心されるやら褒められるやらで、ちょっと嬉しかったですw

Rod:Bass Pro Shops Crankin' Stick 6'6" Medium
Reel:Bass Pro Shops Pro Qualifier Left Hand 4.7:1
Lure:War Eagle Buzzbait 3/8oz

10月10日の釣行

 昨日の釣行で、ジャークベイトを引きまくったので、今日は右腕が筋肉痛です。朝8時から巻き物を中心に午前中だけボートを家から最寄の川に下ろしました。

 朝一で、オイルフェンスをチェックした後、例によって水没している石積みの上を、クランクベイトで探っていきました。
 すると、ググッと重くなるような当たりがあり、合わせを入れましたが、その後の引きが異常に強いために、雷魚かシーバスだろうと決め付けてしまい、横着にもシートから立ち上がらずにファイトをしてしまいました。が、上がってきたのは、何とバスで、しかもかなり大きい奴でした。慌てて立ち上がりましたが、時すでに遅しで、エラ洗い一発でフックを外されて逃げられてしまいました。ちょっとダメージが大きかったです。

 しばらくして、もう一度当たりがあり、今度は真剣に取り込みましたが、
20111010nama.jpg
・・・ということです。こちらもかなりの大物でしたTT

 今週のことは、なかった事にしたい・・・

 

10月9日の釣行

 先週からボートが使えるようになったので、今日は調子に乗ってリザーバーへ行って来ました。

20111009dam1.jpg

20111009dam2.jpg

20111009dam3.jpg

 まずは、ボートを下ろしたところの対岸の岩盤をジャークベイトで探ってみました。魚種は確認できませんでしたが、小さな魚がふらふら付いてくるのが見えましたが、バイトには至りませんでした。
20111009dam4.jpg
 ・・・なんだか、おどろおどろしい立ち木です。
 この写真の左側がワンドで、その奥がインレットになっていました。ジャークベイトをキャストすると40cmくらいのバスが猛然と追ってくるのが見えました。が、ポーズを入れるとバスも止まります。ジャークを入れるとまた追ってきます。結局ボートの数10cm手前まで追ってきたところで、喰わせることができましたが、合わせを入れるとすっぽ抜けてしまい、貴重な魚を逃してしまいました。結局これが今日の唯一のチャンスでした。

 その後、5時間かけて、リザーバーを1週し、ジャークベイトを投げまくりましたが、1尾も釣ることはできませんでした。やっぱり、秋のリザーバーは難しいです。


10月2日の釣行

 今日は朝6時前に家を出たのですが、釣りを始めたのは9時くらいでした。
 それまで、何をやっていたのかというと
boat1.jpg

boat2.jpg
 私の愛艇です。10ftのせっこいパントですがw
 実は、2月くらいに船体とエレキは買ってたんですが、その他いろいろ買い揃えるのに時間がかかりまして、今日初出艇です。しかも準備が悪く、朝からバタバタして、こんな時間になってしまいました。
 しかも、出廷直前に用意していたラダーが付けられないことが発覚し、またクイックリリースマウントもきちんと付かないと何か一日トラブル続きでした。

 一応ワームやジャークベイトも持ってきたのですが、今日は結構風が強く、一日巻き物に終始しました。
 とりあえず、この場所で一番実績のある、ボーマーのスピードシャッドから巻き始めました。するといきなり当たりがありまして、
20111002nama1.jpg
あんまりよくわからないと思いますが、鯰です。最近鯰ばっかり釣れて嫌になります。フックはずし難いし。

 その後も、クランクを変えながら、探っていきますが、何だかモニョモニョした当たりらしきものはあるのですが、一向に乗りません。それどころかラダーがないために操船も安定しません。
 
 スピナーベイトにルアーチェンジした1投目に、明確な当たりがあり、また鯰ではないかと半分ビビリながらフッキングすると、やっとバスが釣れました。
20111002bass.jpg
 長さ測ってみると44cmか。。。もう少し大きいかと思いましたが、それでも出艇初日にバス釣ることができて、良かったです。
 1投目でバスが釣れてしまったので、今日はスピナーベイトの日かな、そういえば誰かが「風が吹いたらスピナーベイト」みたいなことを言ってたなーなどと思いつつ、スピナーベイトをいろいろ変えながら、また、巻くスピードを変えたりしながら巻いていましたが、その後の当たりはありませんでした。
 今日は、かなりキャストを繰り返しましたので、だんだん疲れてきて腕も重くなり、そろそろ帰ろうかななどと考えていると久々の当たりがありました。
20111002nama2.jpg
しかし、・・・という落ちでした。

Rod:Bass Pro Shops Crankin' Stick 6'6" Medium Heavy
Reel:Bass Pro Shops Pro Qualifier Left Hand 4.7:1
Lure:Strike King Tour Grade Spinnerbaits 3/8oz


プロフィール

ひねもん

Author:ひねもん
厨二病は不治の病

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。