FC2ブログ

ひねもんの釣り日誌

チラ裏です。内容なんかありません。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月7日、8日の釣行

12月7日(土)

 久々に1日フルに使って釣りができると思っていたら、すっかり朝寝坊して10時から近所のドブヘ。
 まず何からやっていこうかと思案して、最近はずいぶんと寒くなってきたんでバスの奴らもだいぶまいってるに違いない。だけど過去の経験からいうとどんだけ寒くても浅いところで食ってくるやつは必ずいるのでそいつらに反射で口使わせてやろうということで考えがまとまりました。ならば使うルアーはラトリンログ!これに勝るものなし。ということで護岸から鋭角にキャスト、ブレイクをなるべく長くトレースするイメージで引いていきますが、なにせしばらく使ってなかったもんだからなかなか潜らせるのに難儀しました。
 しばらくやってたんですが埒があかないのでノーシンカーのワームにチェンジして岩の上をゆっくりとズル引いてみますが、先々週にデカいの釣れたこのリグもその後はまーったくアタリもなく、やってて正直面白い釣りではないのでしばらくやったら飽きてしまって巻物へ再度チェンジ。昼の時報がなるまで続けましたがどうもいけません。とりあえず昼食とりに一時帰宅。

 午後からは某河川へ。引くのはキャロ。
 先日からいろいろとやってみているのですが、現在いろいろな壁に阻まれております。飛距離の問題もあるんですがそれよりも、3回の釣行でアタリは10回以上あったのに釣れてるのはわずかに2尾という確立の悪さ。これをまず何とかしないと・・・。ただこの時期にこんだけアタリがあるんだから釣れるリグなのは間違いないと思います。だから余計何とかモノにしたい。
 この日のセッティングは、メインラインが16lb、シンカーは3/4oz、リーダーは8lbまでは前回と同じですが、フックは刺さりがいいように2ランクほど細い軸のものを使いました。ベイトは前回と同じくハンハントレーラー。
 だけど・・・この日のバイトは1回のみで、しかも釣ってる本人は全然気が付いていないという・・・なんかワームだけがズレて還ってきてアレっ?って感じ。いかん、全然アタリがとれていない・・・。


12月8日(日)

 この日も朝寝坊。しかも前の日よりも酷い!朝起きたら10時回っておりました。最悪。
 昨日長時間居座った堰堤周りは既に他の釣り人が・・・時間が時間なんで仕方ないです。仕方ないので対岸のヘラ師の造った小スペースへ。こちらは後ろがあまり余裕がないのでキャロ投げにくいのですが背に腹は変えれません。
 さて、前の晩いただいたコメントを読んでつらつらと考えたわけですが、思い当たったのはフックをオフセットから捻り入りの袖針に変えてみること。少しでもバスが吸い込んだら口のどこかに引っ掛けてやろうと。で、最初からこの仕掛けを投入してみたわけなんですが、これがまた大した引っ掛かりものもないのに根が掛かること。結局2回仕掛けきったところで断念。だいたい小さい針にフロロ2号を外掛け結びで結ぶのが結構大変なんです。まぁ、結局私の考え付くことなんてそのくらいのもんです。結局1時間半その場から動かず、ミドストとキャロを何度も何度も同じ場所を通してみましたが、バイトは足元でキャロにあった1回のみ。しかも慌てて合わせてスッポ抜け、まぁ今日も平常運転です。

 午後からFVDさんから電話でキャロの飛距離についてアドバイスをいただきました。それは、リザドラ1を使って飛距離が出ないということは、ロッドに重心が乗る前に振り抜いてしまっているのではないか。リザドラ2の場合はミディアムテーパーなもんで、テイクバック時にロッドが曲がりきらなくてもロッド全体が曲がるのでその分飛距離が出るのではないかと・・・。な、なるほど・・・。
 昼からドブのほうへ移動するつもりだったのですが、そんならばということで朝の場所へ戻り、リーダーを8lbから12lbに変更、ワームも3in.のホッグ系のワームに変更し堰堤の周りに居座ります。
 まず、テイクバック時の撓りを確認しどのタイミングでロッドを振り出すかを図ります。そういえば、テレビでみたことがあるのですが、プロたちがキャロを投げる時に後ろを振り向いてロッドのティップを確認しているのはそういうことなのかも!
 それでいざキャストしてみると、小さなワームを付けていたときと同じくらいの飛距離がでます。うわ!ほんとに飛ぶようになってる!!
 劇的にってわけにはいきませんが、以前は川の中央の障害物までしか飛ばなかったものが、キャストのタイミングを変えることによってさらに数m飛ばせるようになってました。実は私、仕事柄護岸から障害物までの距離がある程度わかっております。具体的には約27mなんですが、今回はそれをかなり越えていますので30m以上飛ばせたということになります。この30mという距離は人によって飛んでいたりそうでなかったりするのでしょうが、私としては満足のいくものです。ということは、スモールワームやリザドラ2を使ったとき、このことに注意すればもっともっと飛距離が稼げるはず・・・なんか嬉しくなってきました。考えてみればどんなロッド使っても同じようなキャストばっかりやってきてたような…いままで何をやってたのやら。

 で、肝心のこの日の釣果はなし。朝のワンバイトのみ。ま、12月なんてこんなもんですよと居直ってみます。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

ひねもん

Author:ひねもん
厨二病は不治の病

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。